防犯のデメリット

最近の防犯グッズとして、その有効性から監視カメラが多く使われています。店を経営されている場所では、この監視カメラが抑止力として、その効果を最大限に発揮してくれる事でしょう。また監視カメラは、犯罪を未然に防止する効果や犯人を検挙する効果があるだけではなく、災害時の状況なども未然に撮ってくれます。店舗前が交通量の多い場所であれば、車が突っ込んで来るという事故も絶えませんので、こうした状況にも活躍してくれる事でしょう。また、地震などの災害時にも、事態の推移がわかるというメリットもあります。

しかし、監視カメラは良い事ばかりではありません。店舗の大きさにもよりますが、店舗内の従業員が少なければ、それだけ監視カメラを配置する事になりますので、台数を多く設置しなければならず、それだけ設置費用が掛かるという事があります。また、設置場所によっては、プライバシーの侵害にもあたる事がありますので、これにも留意しなければなりません。万引き犯罪は、現行犯での検挙という事もありますので、監視カメラでいくら撮影をしていても、事後防犯になりますので、直接的な万引き犯検挙には至らない事も多いのがネックと言えるでしょう。

防犯のメリット

お店などの商売を行っている場合、店舗内の犯罪でダントツに多いのが「万引き」と言われています。万引きは商品のロストを増やすばかりか、店舗自体の売り上げを直接減少させる、最大の原因となっているものです。特に万引きは、店舗の従業員の見えない場所で行われていますので、知らない内に店舗内の商品が紛失してしまうといったことが多々あります。こうした犯罪は、客を装って入ってくるものがほとんどですので、一般の客と全く見分けがつかない事が、万引きが減らない最大の原因となっているのです。

また、万引きは客を装って犯行を行うだけでなく、店舗内の従業員などの間でも行われる事があります。経営側としても、雇用している従業員を疑うのは中々に難しく、万引きを助長してしまう側面もあるのです。こうした万引き犯罪に、特に有効なものが防犯カメラの存在で、防犯カメラは通常取り締まりが出来ないような、眼の行き届かない場所でその威力を発揮してくれます。また防犯監視カメラの録画は、決定的な証拠として扱われますので、犯人に逃げ道を防ぐという効果も見られます。犯行が行われても、犯人がシラを切り通す事が多い万引き犯罪では、非常に有効な方法として力を発揮してくれる事でしょう。

参照HP:防犯カメラ・監視カメラ録画システムのアロバビュー
様々な施設に導入されている防犯カメラシステムです。

防犯は必要か

最近のニュースや新聞でも、紙面や報道をにぎわせているのは、窃盗事件で最近特に多発している事件のひとつになっています。そのような危険が多くなりつつあるご時世では、防犯はもっとも大事な身を守るために必要な処置になって来ています。防犯は自分の身を守るだけでなく、子供さんなど大事な家族を守る方法であり、大事な財産をも守ってくれるのです。安心で安全な生活を送る為に、また、凶悪な犯罪を未然に防ぐためにも、防犯対策は大変重要だと考えられます。家などの防犯対策では、家に侵入されないような工夫を施す事が多いと言えるでしょう。

いったん自宅に侵入されてしまうと、外からは見えない為に窃盗犯の思い通りに犯行がなされてしまいます。そこに運悪く家の者がいたとすれば、監禁の可能性があるほか命の危機まで脅かされかねません。特に女性であれば性犯罪も多く、独身女性の住む部屋は特に狙われやすいのが、その特徴と言えるでしょう。ただの窃盗に入ったつもりの犯人でも、見つかった状況によっては、重大な犯罪に発展する事も多いと言われており、まずは侵入させないというのが、大作の重要なポイントとして指摘されています。窃盗犯は見つかる事を極端に嫌いますので、音や光の出るものをとても嫌がります。そして侵入時間に時間を掛けない事も特徴で、5分以上時間を掛ける事が無いとも言われます。また、カメラの設置も有効で犯罪抑止にはかなり有効な選択肢と言えるでしょう。

防犯と万引き対策について